クイーンズタウン カフェ・レストラン

【ギブストンバレー】クイーンズタウンおすすめワイナリー!NZ最大の洞窟貯蔵庫・チーズショップ見どころたくさん

 

 

こんにちは。ニュージーランド・クイーンズタウン在住のNina(@NinaHisako)です。

 

この記事では、ギブストンバレー・ワイナリーという、クイーンズタウン郊外の有名おすすめワイナリーを紹介します。

©︎Gibbston Valley

ニュージーランドに来るならぜひ楽しみたいNZ産ワイン!

クイーンズタウン周辺のエリア(セントラル・オタゴ地区)は、赤ワインのピノ・ノワール産地として有名です

ワイン生産地として歴史としては浅いものの、その上質なクオリティは今では世界から高い評価を受けるほどに

ギブストンバレー・ワイナリー

  1. このエリアにおけるワイン産業のパイオニア。ブドウ栽培は難しいと言われていた中で、いちばん最初にワイン作りを開始
  2. 目玉はNZ最大規模のワイン洞窟貯蔵庫
  3. 他にもレストランチーズ製造販売雑貨ショップもあり盛りだくさん。ワインにあまり詳しくなくても気軽に楽しめる!
  4. マウンテンバイクを借りて周辺をサイクリングもできる
  5. なんと子連れもOK
  6. 距離的にもクイーンズタウンから車で30分以下と、1番近くて行きやすいエリア

クイーンズタウン周辺では知名度トップクラスのワイナリー。

旅行者にも人気で、わたしもすでに何度か訪れたことがありましたが、今回は1歳半の娘を連れて行ってきました。

Nina
Nina
気軽に行けて、見どころがたくさんあるワイナリー。

ワインは詳しくないけど、飲むのは大好きという私がレポートするよ

NZ最大規模のワイン洞窟貯蔵庫

©︎Gibbston Valley /画像は公式サイトより

このワイナリーの目玉とも言える洞窟ワイン貯蔵庫。規模はニュージーランド最大

ビジネスが拡大するにつれて、大量のワイン樽を保管するスペースが必要になり、この洞窟を作ったのだそう。

この中の温度や湿度が、ワインを管理するには最適な環境なんだとか。

ここに入るには、1日に数回行われている洞窟ツアーに参加が必要です。

数年前に参加した時は、ワイン樽からスポイトで取ったワインのテイスティングをさせてくれました。

料金:NZ$18.50(2019年4月現在)

ワイナリーや洞窟についての解説(英語)、数種類のワインテイスティングが含まれます。

スケジュールや時間はこちらから

ワインテイスティング

洞窟ツアーに参加しなくても、もちろんワインテイスティングは楽しめます。

このカウンターで注文。

テイスティングのメニューはいくつかあり、試飲するワインの数や種類によって値段が異なりました。

スタッフの説明を聞きながらカウンターで試飲もいいし、ソファ席もあるのでゆったり味わうのもよし。(チーズやサラミなどワインに合うおつまみも注文できます)

この日は、シャンパン・白(シャルドネ)・赤(ピノ・ノワール)・ロゼの4種類セットを選びました。値段は確かNZ$7ほど。

ストロベリーフレーバーのロゼ、フルーツの香りがするシャルドネなど、普段あまり飲まないワインを試せて楽しい。

Nina
Nina
いやー、どのワインもいい香りがして至福の時でした♡

クイーンズタウンに来てピノ・ノワールというワインの存在を知った私

好きでよく飲むけど全くワインについては語れません。ははは

くわしい知識は無いけど「美味しい♡」「この味が好み!」という楽しみ方をしておりますよ

レストラン

©️Gibbston Valley / 画像は公式サイトより
©️Gibbston Valley/ 画像は公式サイトより

ランチタイムのみオープンしている併設された広いレストラン。(12pm〜3pm)

ギブストンバレーのワインに合う食事を提供しているそうなので、時間が合う方は、ここでゆっくり食事をするのもよさそうです。

▷メニューや予約はこちら

その他みどころ

チーザリー(チーズ製造販売所)

おすすめを試食できる
牛以外にヤギ、ヒツジのミルクで作ったものや、チリ、クミン入りチーズなど種類豊富
ビーツ、トマトなどで作られたチャツネ
ニュージーランド産ハニーも取り扱う
チーズプラッターなどフードの注文も

ギフトショップ

ナチュラルでかわいい店内

ギブストンバレーのワインを使ったチョコレートや、ワインにちなんだ商品。

他にも、ニュージーランドらしい雑貨屋やナチュラルコスメも取り扱っています。

マウンテンバイクのレンタル

なんと、このワイナリーでマウンテンバイクを借りて、周辺をサイクリングすることもできます。

クイーンズタウン周辺に、広い範囲にわたり整備されているサイクリングコース。

このギブストンバレー地区は、中でもトップクラスに美しい景観が楽しめるコースとして人気です。

Nina
Nina
アロータウンからこのギブストン地区までサイクリングしたことがあるよ。

アップダウンがある箇所では太ももプルプルしたけど、景色が最高でめちゃめちゃリフレッシュ!

サイクリングしてからのワインなんてきっと最高ですな

▷料金など詳しいパッケージはこちら (クイーンズタウンから送迎してくれるプランも)

バンジージャンプ世界発祥の地もすぐそこ

商業バンジージャンプ世界発祥の地「カワラウバンジー」が見れる橋がすぐ近く。

有名な観光スポットになっていて見学デッキもあり(無料)、かなり盛り上がってて賑やかです。

ここへの立ち寄りもお忘れなく。

子連れフレンドリー

Nina
Nina
歩き回る小さい子連れでも、気軽にワイナリーを訪れることができるのは嬉しい!

この日は、広いスペースがある外の席へ。

庭を歩き回る娘はお酒が飲めない旦那にお願いし、その様子を眺めながらワインのテイスティングを楽しみました。

お手洗いには、オムツ替え台もありましたよ!

母のワインテイスティングに付き合わされる娘

クイーンズタウンからも近く行きやすい

ギブストン地区はクイーンズタウンから一番近いワイナリーが集まるエリア。

この記事で紹介しているギブストンバレー・ワイナリーまでは、クイーンズタウン中心部から車で30分かからない距離です。(他のワイナリーが集まるエリアまでは45分〜1時間以上)

行き方

  1. レンタカー
  2. 往復シャトルバス(クイーンズタウン市内からギブストンバレーワイナリー)要予約。スケジュールや料金はこちら
  3. 日本語ツアー(ギブストンワイナリーだけでなく、クイーンズタウン周辺の絶景&観光スポットを巡る半日ツアー)≫日本語でこのツアーを見てみる(タビナカ公式サイト)

飲酒運転には気をつけましょう!!

ニュージーランドでは、法律で定められた範囲内の血中アルコール濃度であれば、すこし飲酒しても運転することができることになっています。(20歳以上)

当たり前ですが、ほろ酔い状態での車の運転は危険!!

楽しい旅行が台無しにならないよう、お酒を飲んだら運転しないようにしましょう。ワイナリー周辺は100km道路です。

参加者全員が飲酒したいのであれば、ワイナリーへは車ではなくツアーを利用するのが安全で、結果たっぷり楽しめると思います。

ギブストンワイナリーに行けるツアー

Nina
Nina
クイーンズタウンの観光案内所で現地アクティビティ手配をしていた私が説明するよ

クイーンズタウン観光で絶対に外せない郊外の見どころスポットを巡る半日ツアーに参加

バスなど自力ではアクセスできない場所へ、効率よく現地のベテランガイドが案内してくれますよ。日本語でこのツアーを見てみる(タビナカ公式サイト)

  1. 石造りの歴史ある街並みが可愛いアロータウン
  2. バンジージャンプ発祥の地でカワラウバンジーを見学(上記で紹介)
  3. この記事で紹介するギブストンバレーワイナリーでワインとチーズ試食
  4. 絶景スポット数カ所での写真撮影
  • 日本語ガイド付きでギブストンバレー・ワイナリーへ行けるのはこのツアーだけ
  • 他ではやっていないオリジナル行程
  • 他の日本語ワイナリーツアーの場合、ギブストン地区のワイナリーを数カ所訪れますが、この記事で紹介したギブストンバレーに行けるかは確約なしだそう(ツアーで訪れるワイナリーは当日の予約人数やワイナリーの営業状況により決まるため)
  • ワイナリーは行ってみたいけど1箇所で十分、限られた時間で効率よくクイーンズタウンの見どころをおさえたいという方におすすめ
  • 子ども参加OK
≫日本語でこのツアーを見てみる(タビナカ公式サイト)

まとめ

上質なワイン&見どころ盛りだくさんで、旅行者でいつも賑わう人気ワイナリー。

「せっかくクイーンズタウンに来たんだし、どこかワイナリーへ行ってみたい」という家族や友人を連れて行くと、とても喜んでくれます!

Nina
Nina
旦那がお酒飲めないおかげで、運転してもらえて助かる〜♡

Gibbston Valley Winery ギブストンバレー ワイナリー

住所:1820 State Highway 6 Queenstown, New Zealand 9371 New Zealand

電話番号:+64 (0) 3 442 6910

営業時間:

  • セラードア 毎日 10am – 5pm
  • レストラン 毎日12pm – 3pm
  • ワイン貯蔵庫洞窟ツアー 毎日10am – 4pm

駐車場あり

URL:https://www.gibbstonvalley.com/

【子連れでニュージーランドのワイナリーへ!】クイーンズタウン まとめ こんにちは。ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNina(@NinaHisako)です。 この記事では、クイーン...
【クイーンズタウン 子連れ おすすめカフェ まとめ】現地在住ママによる最新情報!(随時更新) ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNina(@NinaHisako)です! おしゃれなお店が多く、カフェ巡りが...
【最新! クイーンズタウン おすすめカフェ5選】 タウン中心部編 ニュージーランド・クイーンズタウン在住のカフェ巡り大好きNina(@NinaHisako)です! 独自のコーヒー文化が発展...
【最新!クイーンズタウン観光 まとめ完全版】これを読めば間違いない! 現地在住者おすすめ 市内1日超満喫プラン ニュージーランド・クイーンズタウン在住のNina(@NinaHisako)です。 「女王が住むのにふさわしい街」とも言...

 

おすすめガイドブック 【LOVELY GREEN NEW ZEALAND】

大手レコード会社に勤務し絢香など歌手をプロデュースしミリオンセラーを何度も記録、現在はニュージーランドへ移住しノマド生活を送る四角大輔さん@4dsk)が出版したガイドブック。

他ガイドブックには掲載されていない、最新スポットやおしゃれな情報が満載。羊や星空だけではない、カフェ&フード文化やオーガニック、自由な風土など、まだまだ知られざるニュージーランドの本当の魅力を伝えることをコンセプトに制作されたガイドブックです。

クラウドファンディングで資金を募り制作されたため、なんとガイドブック内に広告なし。他のガイド本にはカバーされていないエリアや飲食店が多数掲載されています。写真もカラフル&絶景で素敵なものばかり。

NZ在住の私も、この本にめちゃくちゃお世話になりながら北島をキャンピングカーで旅しました。

この本を開けばすぐにニュージーランドを訪れたくなること間違いなしです!

 

▷ニュージーランドへは直行便が運行されているニュージーランド航空がおすすめ。公式サイトからの予約が1番お得です。

日付を1日ずらすだけで、かなり値段が変わることもあるので確認してみてください。

RELATED POST