ニュージーランド北島

【無料!NZウェリントン観光】小さい子連れに最高な「テパパ国立博物館」

 

ニュージーランドの首都ウェリントンへ1歳半の子連れで行って来ました。

この記事では、その時に訪れたウェリントンの定番観光スポット「テパパ博物館」が、小さい子連れに最高だったので紹介します。

なんと無料!!こどもの年齢を問わず、楽しく学びながら遊べるスペースがたくさんありました!

Nina
Nina
ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNina(@NinaHisako)が紹介します

国立博物館 テ・パパ・トンガレワ(テパパ)

「博物館って、なんかマジメそうだな。説明もすべて英語だし」

「子どもはすぐに飽きないかな?」

と思っていましたが、大人も子どもも世代問わず楽しめる素晴らしい場所でした。1〜6階まであってとても広い館内。ニュージーランドや周辺地域の文化、自然や海洋生物について、移民についてなど、多様なテーマのクリエイティブな展示で、見ているだけで楽しめます。

こちらの記事でもテパパについて紹介したんですが、この記事では子どもが遊べる場所を写真で紹介していきますね。

ギフトショップにも滑り台や楽しいしかけがたくさん
原住民マオリにまつわるアートを、壁のマジックテープで貼ったり剥がしたりして遊べる

 

カラフルなブロックを壁の穴にはめて、子供たちがアートを作れる素敵なアイディア!
小さな子は、カラフルなブロックで遊ぶだけでも楽しい
上のブロックアートの他に万華鏡あそび、ぬりえや工作ができるスペース

年齢問わず、子どもたちが楽しめる工夫があちこちに。

ぬりえスペース。長さが違う色えんぴつもこうやってアートに
巨大なクジラの心臓!中に入って遊べる

写真の奥に写っている緑のコーナーは、「ストーリー・プレイス」という就学前の子ども向けにプログラムを行なっている場所。ゲームや、歌、お話を通して、博物館にまつわるテーマについて楽しみながら学べるそう。(1セッション 45分間)

  • 料金:大人 NZ$2 /未就学児 NZ$2/ 12ヶ月以下無料(要チケット)
  • スケジュール:月〜金 10:30am, 11:30am, 1:30pm(祝日は休み)
  • 予約はこちらから

ディスカバリー・センター

子どもたちが、NZ原住民マオリパシフィック・アイランド(サモア、トンガ、フィジーなど)の文化を楽しく学べるスペースが2箇所に用意されています。

マオリの伝統料理ハンギ。他にもマオリ語パズルなど、キッズスペースに学びがたくさん
パシフィック・アイランド文化を体験しながら学べるディスカバリー・センター
伝統楽器で遊べる。子どもは大喜び

子連れ情報

大ハッスル中の娘
  • 館内に3箇所のペアレント・ルームあり(授乳用のイス、オムツ替え台、シンク)
  • ベビーカー持ち込みOK(1階にコートやバッグを無料で預けられる場所があるんですが、そこにベビーカーは預けられないので館内で押して歩きます)
  • (なんと無料wifiもある)

まとめ

そして屋上からの景色

テパパは堅苦しい博物館ではなく、カラフルであちこちに工夫がほどこされた、とても自由でクリエイティブな空間でした。ニュージーランド文化や歴史だけでなく、この国の最新アート・カルチャーを感じられる、ウェリントンに来たら絶対に外せないスポット。

とてもここに写真は載せきれないほど、子連れでまる1日遊べるくらい充実した内容。

教育的な内容を体験しながら学べるようになっていて、ファミリーで一緒に楽しんでいるうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。

1〜2才の子どもだけではなく、学校へ通っている子たちにとってももちろん素晴らしい内容で、スクールホリデー期間中は多くの子どもたちで賑わうそう。

  • これだけ楽しめて無料!
  • 室内なので、天気に左右されないのも子連れには嬉しい

 

Nina
Nina
テパパは英語が苦手でも楽しめます!

何度も言いますがこのクオリティで無料は驚きでした。

ぜひまた来たいスポットです。

Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa ミュージアム・オブ・ニュージーランド・テ・パパ・トンガレワ

  • 住所: 55 Cable St, Te Aro, Wellington 6011 New Zealand
  • 電話番号:+64 (0) 4 381 7000
  • 営業時間:毎日10am–6pm (クリスマス12月25日は休業)
  • 入場料:無料(一部の期間限定展示やアクティビティは有料)
  • 駐車場あり(有料)詳細はこちら

URL:https://www.tepapa.govt.nz/

【ウェリントン観光・ 週末2日間】 定番&おしゃれスポット まとめ!すべて子連れもOK 「世界で最もクールで小さな首都」と有名ガイドブックのロンリープラネットでも称されたニュージーランドのウェリントン。 クリエ...
NZウェリントン 定番おしゃれカフェ・レストラン・地ビール・マーケット!【子連れもOK】 ニュージーランド・クイーンズタウン在住のNina(@NinaHisako)です。 ニュージーランドの首都ウェリントンへ子連れで行っ...
【NZウェリントン おすすめホテル】グループ・子連れファミリーでワイワイ泊まれる!屋根裏・キッチン・洗濯機つき  先日、1歳半の娘を連れてニュージーランドの首都があるウェリントンへ旅行に行ってきました。 その時に利用した宿泊先が、ファミリー...

おすすめガイドブック 【LOVELY GREEN NEW ZEALAND】

ウェリントンのおしゃれなカフェ・レストラン情報、数が多すぎて自分で調べていてもよく分かりませんよね。。私がめちゃ参考にしたガイドブックがこれです。ウェリントン中の飲食店を取材した中で厳選した情報が載っていて、どれもハズレなしでした。

大手レコード会社に勤務し絢香など歌手をプロデュースしミリオンセラーを何度も記録、現在はニュージーランドへ移住しノマド生活を送る四角大輔さん@4dsk)が出版したガイドブック。

他ガイドブックには掲載されていない、最新スポットやおしゃれな情報が満載。羊や星空だけではない、カフェ&フード文化やオーガニック、自由な風土など、まだまだ知られざるニュージーランドの本当の魅力を伝えることをコンセプトに制作されたガイドブックです。

クラウドファンディングで資金を募り制作されたため、なんとガイドブック内に広告なし。他のガイド本にはカバーされていないエリアや飲食店が多数掲載されています。写真もカラフル&絶景で素敵なものばかり。

NZ在住の私も、この本にめちゃくちゃお世話になりながら北島をキャンピングカーで旅しました。

この本を開けばすぐにニュージーランドを訪れたくなること間違いなしです!

▷ニュージーランドへは直行便が運行されているニュージーランド航空がおすすめ。公式サイトからの予約が1番お得です。

日付を1日ずらすだけで、かなり値段が変わることもあるので確認してみてください。

RELATED POST