TRAVEL

【0〜4歳】最新!ニュージーランド クイーンズタウン現地在住ママによる子連れおでかけ情報まとめ 

ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNinaです。出産前にはインフォメーションデスクで観光案内やアクティビティ手配をしていました。

赤ちゃんから4歳くらいまでの小さい子連れでも楽しめるお出かけ情報をまとめてみましたのでどうぞ!

料金を参考のために載せていますが、2021年4月この記事を書いている時点のものです。最新の料金や条件は必ず公式サイトで確認してください!

クイーンズタウンのアクティビティ 子どもフレンドリー

蒸気船クルーズ&牧場ツアー おやつ付き or ビュッフェランチ

クイーンズタウンを象徴する蒸気船アーンスロー号のクルーズ。対岸にはキラキラと透き通った湖の真横に絶景ファームがあり、動物とふれあえます。羊、アルパカ、珍しいハイランド牛など。

羊の毛刈り&牧羊犬のショーを見たあとは、動物の餌付け&アフタヌーンティ。ケーキやスコーンなど食べ放題。もしくは餌付けはせずに、レトロで素敵な内装のレストランでビュッフェ食べ放題ランチ・ディナーができるプランもあり。帰りのクルーズ船内ではピアノ生演奏に合わせて歌ったりとピースフルな時間が流れます。ノスタルジックな雰囲気の広い船内で、炭を投げ込むエンジンルームや外のデッキなど探検するのも楽しい。まったりした時間が過ごせる、クイーンズタウンのど定番アクティビティ。

  • 所要時間 3時間30分(クルーズ往復90分、ファーム滞在2時間)
  • 料金
  • クルーズ往復&牧場ツアー・餌付け・アフタヌーンティ:大人NZ$95、子ども5〜14歳 NZ$35、4歳以下無料
  • ビュッフェプランは、営業時間帯など公式サイトで確認してください
  1. ベビーカー持ち込みOK。大きめのものは折りたたむ必要がある船内のせまい通路もありますが、みんな赤ちゃんをベビーカーに乗せて乗船しています。
  2. 例年5〜6月はメンテナンスのため蒸気船ではなく代わりの船で運行、もしくは運休の場合もあるので、公式サイトでチェックしてください。

Real Journeys 公式サイト https://www.realjourneys.co.nz/en/experiences/tours/walter-peak-farm-tours/ (蒸気船クルーズ&牧場で餌付けとアフタヌーンティーのプラン

ゴンドラで絶景パノラマビュー / スカイライン

クイーンズタウンといえばこの景色、どのガイドブックにも載っている展望台からの景色が見れるのがここです。山頂のコースでリュージュで遊んだり(ソリ的なやつ、ハンドルに掴まってられるなら小さい子でも大人と2人乗りOK)、カフェテリアでゆっくりしたり。カフェテリアには、めっちゃめちゃ小さいですが子ども用にすべり台が置いてあることも。小さくても子ども用の遊び道具が何かしら置いてあると助かりますよね。ニュージーランドグルメが並ぶビュッフェが食べられるレストランもおすすめ。小さい子連れもたくさんいます。(ランチ・ディナー。コロナの影響で毎日はオープンしていないようなので、営業の状況は直接確認してください)

リュージュのサイズ感はこんな感じ。むすめ当時2歳。
  • ゴンドラ往復(片道約10分)大人NZ$44、子ども5〜14歳 NZ$26、4歳以下は無料
    ゴンドラ往復&リュージュ2回券 大人NZ$61、子ども5〜14歳 NZ$43、6歳以下は上記のゴンドラ往復チケットにNZ$5を追加してかならず大人と2人乗り。
  • 他にもファミリーパッケージ(大人2人・子ども2人以上)など、いろいろプランがあるので最新料金は公式サイトを確認してください。
  1. ベビーカー:ゴンドラ乗車の際はベビーカーをたたむ必要があります。もしくはふもとのゴンドラ乗り場にベビーカー置き場があります。ベビーカー置き場はほんとにそのまま好きに置いておくだけのスペースですが、乗り場スタッフもいるしと思い、我が家は娘が赤ちゃんの時は、気にせず毎回置いてってました。山頂では抱っこ紐で小回りききました。
  2. 山頂で無料wifiつかえます

Skyline Queenstown 公式サイト https://www.skyline.co.nz/en/queenstown/

絶景ファームで動物に餌づけ/グレノーキー・アニマル・エクスペリエンス

リピーターや、よりローカルっぽさを求める方は、車があるならクイーンズタウン街中をちょっと離れたこのファームもおすすめです。
ニュージーランドの壮大すぎる景色を背景に、かわいい動物たちとふれあったり餌付けができる場所。

ここのファームでは、だいたい9〜10月が子ヒツジ誕生のシーズンということだったので、時期を合わせれば下の動画のように羊の赤ちゃんに会うことができます♡ 車窓からでも遠くに子ヒツジは見えますが、ここまで近づけるのは牧場ならでは。

  • 料金 大人NZ$20、子どもNZ$10(5−15歳)、ファミリーNZ$50(大人2人&子ども3人まで)、4歳以下は無料、動物のえさ1袋 NZ$5
  • 営業時間はシーズンによって異なるので公式サイトでチェックしてください。

Glenorchy Animal Experience 公式サイト http://glenorchyanimalexperience.co.nz/

ジェットボート

なんと2歳くらいからジェットボートにも乗れます。ニュージーランド発祥の乗り物で、クイーンズタウンでも定番の人気アクティビティ。スピードボートに乗ってブルーの透き通った湖や川の絶景を堪能。エキサイティングな360度スピンも。ボートの上で意外にリラックスして寝る子もたまにいるらしいです。

  • ボート乗船時間は1時間
  • 2〜4歳は無料(参加条件は用意されたライフジャケットが着れること)
  • クイーンズタウン市内の桟橋から乗れます
  • 他社ジェットボートは年齢・身長があります

2歳から乗れるジェットボートに乗れるのはこの会社→https://www.kjet.co.nz/our-trips/family-pack/

サイクリング

アクティブなファミリーにはサイクリングもおすすめです。クイーンズタウンの街中から透明なブルーの湖沿いに130km以上ものコース(Queenstown Trail)が整備されていて、絶景&爽快。街中にいくつもレンタルショップがあるので、マウンテンバイク・電動自転車(e-bike)・小さい子供用のイスなどショップに聞いてみてください。

クイーンズタウン街中のレンタルバイクショップ一例

クイーンズタウンの街中から出発して、いちばん気軽に楽しめるのがこのコースです。透き通ったブルーの湖沿いにずっとサイクリングして、湖が見える人気カフェで休憩。往復12kmで1〜2時間。ところどころアップダウンがあるので割といいエクササイズになる、という感じですが、初心者でもOKなファミリー向けコースです。もちろんカフェまで行かなくてもずっと絶景の中をサイクリングでき、気持ちいい木のトンネルを抜けたり、ところどころある桟橋に降りてみたりと楽しめます。

このサイトにコースマップが載ってました https://www.queenstownnz.co.nz/things-to-do/biking/

キウィバードライフパーク

ニュージーランドの国鳥キウィ、恐竜の生き残りトゥアタラなど、クイーンズタウン周辺で唯一見られるのがこの場所です。キウィの餌付け時間に合わせて行きましょう。バードショーやカフェあり。

街中にあるので徒歩でアクセスでき、定番アクティビティのゴンドラ乗り場の真横にあります。

料金や餌付けスケジュールは、Kiwi Birdlife Park 公式サイトからhttps://www.kiwibird.co.nz/

雨の日 クイーンズタウン

氷の世界 アイス・バー

その名のとおり全て氷でできたバー。大人はお酒、子供はジュースが氷でできたグラスで飲めます。暖かいジャケットを貸してもらえますが、マイナス5度の世界なのでもちろん寒かったです!

クイーンズタウンの街中、徒歩で散策中にいけます。

マイナス5°アイスバー https://www.minus5icebar.com/

アイススケート

クイーンズタウンの街中から徒歩圏内にアイススケートリンクもあります。スケートをしなくても、氷の上をチューブに座って滑るアクティビティもあり、3〜5歳なら大人と2人乗りで参加できます(ライド時間は20分、くるくるしたり他のチューブとぶつかったり)。

料金

  • スケート NZ$15、5歳以下NZ$9.5
  • バンパー・ライド(チューブのやつ)1回NZ$15、子どもを膝の上に乗せて二人乗りするときは追加$5

Queenstown Ice Arena https://www.queenstownicearena.co.nz/

室内プレイグラウンド Chipmunks

巨大すべり台やボールプールなど色々、赤ちゃん専用コーナーもあるので0歳から小学生まで遊べます。カフェがあるので大人はコーヒー飲みながら待機。クイーンズタウン街中からは車で15分。空港の近く。

  • 料金 付き添いの大人と0歳は無料、1〜2歳NZ$11.90、3〜11歳NZ$14.90(対象年齢の子どもの人数分だけ料金がかかり、付き添いの大人は何人でも無料)
  • 外部からの食べ物持ち込み不可(ベビーフードとかはOK)

Chipmunks Queenstown 公式サイト https://chipmunksplayland.co.nz/queenstown/

冬シーズン(9〜10月)クイーンズタウン

スキー&スノーボード

クイーンズタウンの周辺には4つのスキー場があります。クイーンズタウン、もしくは1時間離れたワナカという街をベースタウンにスキー場へ遊びに行くのが定番です。レンタカーもしくは現地でシャトルバスの予約可。

  1. コロネットピーク(20〜30分)Coronet Peak https://www.coronetpeak.co.nz/
  2. リマーカブルズ(50分)The Remarkables https://www.theremarkables.co.nz/
  3. カードローナ(1時間)Cardrona  https://www.cardrona.com/
  4. トレブルコーン(1時間40分)Treble Cone  https://www.treblecone.com/

※カッコ内の時間は、クイーンズタウンから車での片道距離

雪あそび

コロネットピーク スキー場

クイーンズタウンから最寄りのスキー場コロネットピークでは、スキーをしなくても雪遊びエリアがあります(無料、スキー場の一部を解放してあります)。ソリ遊びコースで遊んだり(自前のソリ持ち込みOK、もしくは現地で当日レンタル可)、雪だるまを作ったり。景色が最高にいい場所なので、スキー場の観光用ゴンドラにのってパノラマビューを楽しむのも。(観光ゴンドラは夏でものれます)

【2020年】ニュージーランドのスキー場 コロネットピーク 紹介 コロネットピークで撮影した動画はこちら↓ 【ニュージーランド・コロネットピークスキー場...

Coronet Peak公式サイト https://www.coronetpeak.co.nz/

コロネットピークスキー場で、子どもとソリ遊びをしてきた動画です。景色とかカフェテリアなど現地の雰囲気をどうぞ。

スノーファーム

上記のスキー場とは別に、クロスカントリースキーやスノーシュー(雪山ハイキング)ができるスノーファームという場所があります。その中のファミリー向けエリアでは、雪遊びやスノーチューブで遊べます。スノーチューブは子どもでも怖くないゆるやかなスロープで滑るそう。クイーンズタウンからは車で1時間15分。車がある人向け。

  • 料金1日NZ$15(3歳以上は全員同じ料金)、2歳以下無料
  • 営業時間 10:00〜15:00

Snow farm公式サイト https://snowfarm.nz/snowfunzone/

無料の遊び クイーンズタウン

サタデー・マーケット

夏季限定で、週末マーケットが開催されます。屋台で食べ物やローカルグッズが売られている、規模はそんなに大きくないですが、可愛らしくてクイーンズタウンの雰囲気がよくわかるマーケットなので、土曜日にクイーンズタウンに滞在する方はぜひ。公園と砂場があるので、子どもたちも思いっきり遊べます。(ぼうしと日焼け止めを忘れずに!)

10〜4月上旬ごろに開催。期間中の毎週土曜日9〜14時。

Remarkables Market https://www.facebook.com/RemarkablesMarket/

バンジージャンプ見学 カワラウ・バンジー

クイーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地!飛ばなくても、バンジージャンプを見学できるようになっていて、定番の観光スポット。川めがけて真っ逆さまに飛び込んでいく人たちを眺める見物客でかなり賑わってます。

クイーンズタウン街中から車で約20分、カワラウ川のジャンプサイトは誰でも中に入れるようになっていて、グッズ販売やカフェもあり。外の見学デッキだけじゃなく、橋を歩いてジャンプする人を超近くから見ることも。飛びたくなったらその場でバンジージャンプの予約も。(当日の空き状況によります)

*商業バンジージャンプとして確率させ、世界初このカワラウ川で始まりました。

  • 駐車場あり
  • ベビーカーOK
  • すぐ近くにはGibbston Valleyというたくさんワイナリーが集まるエリアがあります

AJ Hackett Bungy カワラウ・ブリッジ・バンジー http://bungy.co.nz/queenstown/kawarau-bungy-centre/kawarau-bridge-bungy/

インドアスカイダイビング見学

スカイラインゴンドラのふもと、同じ通りにインドアスカイダイビングができる場所があります。誰でも建物の中に入って、無料で見学OK。うちの娘はここでの見学がお気に入りのようです。ゴンドラのついでに立ち寄れます。(オムツ台あり)

公式サイト https://www.iflynz.co.nz/

ウォーキング・ハイキング

この街には整備された美しいコースがたくさんあり、アウトドア初心者でも気軽に大自然の中を歩いて楽しめます。美しい湖沿いや、丘を登って美しいクイーンズタウンをまた違う角度から眺めて、この街の美しさをさらに堪能。街から近くて簡単なコースをいくつかピックアップしました。

クイーンズタウンガーデン

下の地図の半島全体がクイーンズタウン・ガーデンで、緑の点線になってるところが湖沿いに歩けるコースです。ベビーカーOK。ぐるっと半島を一周してもそんなに時間かかりません、ゆっくり歩いて1時間くらい?

フランクトン・トラック

クイーンズタウンの街中から空港エリアまでの湖沿いは、すべてウォーキング・サイクリングのトラック。上のクイーンズタウンガーデンからも繋がってて、コース沿いにホテルもたくさんあります。全行程を歩かなくても、桟橋があったり、どこを歩いても胸ときめく景色なので、適当な場所までいって引き返しましょう。コースとしては、対岸までひたすら繋がってます。ベビーカーOK。ここのコースの名前は、Frankton Track、もしくはFrankton Arm Walkwayと呼ばれてます。

クイーンズタウンヒル

途中のオブジェからの景色

上のふたつと違って、ひたすら丘を登るコース。子ども抱いても登りたい健脚むけ。景色が眺められるBasket of Dreams というオブジェまでのループトラックで、歩くスピードによって往復1〜2時間くらい。さらに20分ほど登ると頂上からパノラマ景色が見れます。ただオブジェから頂上までの間は砂利が多くて、下るとき滑りやすいこともあるので気をつけてください。

山頂からの景色

クイーンズタウンの街中から歩くと往復3時間ほど。ただコース入り口にたどり着くまでもけっこうな登り坂です。コースの入り口(Belfast Terraceという通り)に駐車できるので、車があるならそこまで行って体力を温存しておくのもよいかと。

プレイグラウンド・公園

小さな街なので多くはないですが、ニュージーランドらしい壮大な自然の中で遊べる公園がいくつかあります。別の記事にまとめたのでこちらをどうぞ。

【ぜんぶ絶景おすすめ】子どもがのびのび遊べる公園まとめ!ニュージーランド・クイーンズタウンニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNinaです。出産前にはインフォメーションデスクで観光案内やアクティビティ手配をしていまし...

クイーンズタウン郊外へおでかけ

アロータウン Arrowtown

クイーンズタウンから車で20分ほどのアロータウンは、歴史ある小さな町でノスタルジックな雰囲気が満載です。メイン通りはひとつだけですが、おしゃれなカフェやレストランがいくつもあります。すぐそばに川が流れていて、せせらぎの音を聞きながら散歩するのが我が家のお気に入り。夏はルピナスが満開、秋には紅葉。緑がいっぱいで、何もせずのんびりするにはいい町です。

グレノーキー Glenorchy

クイーンズタウンから車で約45分。途中のドライブはずーっとブルーの湖を見ながら走れる、国内でもトップクラスの絶景ルート。まるで映画の中。あら、天国に向かっているのかな?と思うような幻想的な景色が広がります。グレノーキーは映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地にもなった場所で、クイーンズタウンからのツアーも出てます。レンタカーがある方はぜひ足を伸ばしてみてください。

ワナカ Wanaka

クイーンズタウンから1時間のレイクサイド・リゾートタウン。小さな街ですが活気があって、湖に面したメインストリートにはカフェ・レストランが充実。ハイキング、マウンテンバイク、釣りなどのアウトドア天国。我が家はワナカでSUPやサイクリングをしたり、アウトドアをしない日はただのんびり散策してカフェでご飯食べたりしています。
街中の湖そばに、恐竜の形のすべり台がある公園も。

ミルフォードサウンド Milford Sound

ニュージーランドのガイドブックに必ず載ってる世界遺産観光。クイーンズタウンを拠点として日帰りで行けるバスツアーがたくさん出てます。ただバスツアーに参加すると1日で往復9時間以上バスに乗っている必要があるので、小さい子連れでどうしてもミルフォードサウンドに行きたい場合は、日帰りバスツアーよりもレンタカーの方がいいのではないかと思います。時間がある方は、クイーンズタウンから車で2時間のテアナウ(Te Anau)という町に宿泊する方法もあります。テアナウからならミルフォードサウンドまでは片道2時間、スーパーやレストランもあります。(ちなみに私はまだ娘をミルフォードサウンドへ連れて行ったことはありません。。子連れで1日で往復8時間運転、たぶんうちの子なら11時間かかる。ちょっと自信ないっす笑)

【クイーンズタウン 子連れ おすすめカフェ まとめ】現地在住ママによる最新情報!(随時更新)ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNina(@NinaHisako)です! おしゃれなお店が多く、カフェ巡りが...
【子連れでニュージーランドのワイナリーへ!】クイーンズタウン まとめこんにちは。ニュージーランド・クイーンズタウンで子育て中のNina(@NinaHisako)です。 この記事では、クイーン...
【クイーンズタウン 天気・服装】在住者がお伝えする現地情報!ベストシーズンはいつ?ドレスコードは? ニュージーランド・クイーンズタウン在住のNina(@NinaHisako)です。 クイーンズタウンへ旅行!...
SNS更新中!フォローしてね

【YouTube】 Nina & Take / ニナとタケ 

高卒から大工として永住権に挑戦するプロセスやニュージーランド現地での生活・子育てをリアルタイムで発信してます。フォロー&チャンネル登録よろしくお願いします♡

Twitter】

▷Nina🇳🇿 海外移住&子育てマミー @NinaHisako  

▷たけ🇳🇿 ”NZ公認”建築大工⚒ YouTuber @takiporcorosso1

【Instagram】

▷家族アカウント:Nina & Take  @nina_take24

タケ-海外で億越えの家を建てる大工さん- @eigo_de_daiku

 

RELATED POST